読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初物柚子と裂き編みのカゴ

f:id:itocafe2015:20161210101751j:image

庭の種から育てた柚子が、はじめて実をつけました。

 

そこで、裂き編みでつくったカゴを使って、収穫しました。

 

ハンドメイドで新しい布に手をつける時に、まず、布端を切り落とします。

これは流通中に布が歪んでしまったのを直したり、生地屋さんで斜めやギザギザに切られたのを綺麗にするのに、必要な作業です。

でも、布幅いっぱいの布、もったいないです。

だから、貯めておいて、繋いで、紐状にして、かぎ針でカゴに編むのです。

 

布でできたカゴは柔らかく、果物を傷つけません。

編んでいるので、形もしっかりと保っています。

布なので、手洗いであれば、お洗濯もできます。

 

なかなか、使えるものです。

 

柚子のほうは、まだもったいなくて食べてません。

あんまりお手入れしてなかった木なので、来年はもうちょっと綺麗にしてあげましょう。