読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒板アート

黒板アートを知っていますか?

 

黒板アートは、黒板に、チョークをつかって、さまざな絵を描くこと。

つかうのは、授業でおなじみの普通のチョーク。とくに特殊な画材はありません。

 

そんな黒板アートを、母校の中学校で、卒業式の日の教室に描き、巣立っていく子どもたちに贈った美大生がいます。

武蔵野美術大学の鈴木蘭菜さんです。

 

このサプライズ、NHKが地域のニュースで取り上げたのをたまたま見て知ったのですが、先日、近場で個展が開かれていたので、実際に見てきました。

 

チョークと黒板というありふれたものに、大きな絵が描かれる。

小さな絵や、油絵などは、たしかにアートとしてみます。自分には描けない、遠い世界の作品として。

しかし、身近なものでも、たしかにアートです。

アートとは、遠巻きにみるものではなく、身近な存在なんだな、と思わせてくれます。

 

実際、黒板アートを目の前で描くもよおしもあります。

今回の個展ではあと1回。9月3日に行われます。

すでに描かれた作品を見るのもいいですが、目の前でアートが生まれるのを見るのもまた貴重な体験ですね。

 

http://ranas0803.tumblr.com/post/147725862065

ranas0803.tumblr.com

 

ranas0803.tumblr.com

 

 

www.news24.jp

 

 

www.yomiuri.co.jp