スイカの日にスイカの刺繍ブローチを

f:id:itocafe2015:20170727204343j:plain

7月27日はスイカの日、らしいとのことなので、

以前つくっていたスイカのブローチのきいろバージョンを慌てて仕上げました。

刺繍部分は終わっていて、ブローチの形にまとめる作業が残っていたんです。

 

f:id:itocafe2015:20170727205209j:plain

 

f:id:itocafe2015:20170727205150j:plain

 

ついでに、メロンのブローチも仕上げ。

こちらは、あみあみの部分がなかなか大変で。

メロンの雰囲気が感じていただけるといいのですが。

 

f:id:itocafe2015:20170727205127j:plain

 

ブローチとして出品しておりますが、ご希望でヘアゴムかパッチン留め(スリーピン)に変更できます。

 

バッグや帽子につけると、存在感ありますよ。

 

ちなみに、わが町はメロンの産地で、貴味メロンの名でブランド化されています。

今年のシーズンは終わってしまいましたが。

今年はたまたま現地でスイーツフェアをやっているのを知って、食べてきたのですが、写真を間違って消してしまいました。

おいしかったのに。

 

シーズンに食べにきてね。

www.iiokamelon.jp

 

スイカも産地ではありますが、うちは家庭菜園で育てて、購入して食べるということはほとんどありません。

しかも、今年は大豊作。毎日スイカを食べています。

 

【スイカとメロンのブローチはminneさんで】

minne.com

minne.com 

minne.com

トートバッグで春のお出かけ

春はお出かけ、と先の記事にも書きましたが、春のお出かけをイメージした作品の紹介第2弾です。

 

どんだけお出かけしたいのでしょうか、この作者は。

浮足立ってますね。だって、春だから。

 

お出かけするには、バッグが必要です。それも大きな。

 

f:id:itocafe2015:20170412145413j:plain

 

お財布に、飲み物に、カメラに。

もしかしたら、レジャーシートも。

 

ゆっくりお花見でもしようと思うものなら、荷物はあっという間に、いっぱいに。

 

そんなときに、ざっくりと荷物を入れられる、ちょっと大きめのトートバッグが大活躍します。

 

いっぱい入るのはもちろん、肩掛けできると持ち運びも楽ちんです。

 

また、いっぱい入って、がばって口の開くバッグは荷物の出し入れには便利ですけど、ちょっと簡単に手を入れられてしまうのが、ちょっと心配。

そこで、大切なものはしっかりキープできるように、中にファスナーポケットを1つ。

ちょっと浅めに作ってあるので、小さな小物が奥に入っちゃって取り出しづらい、が起きにくいようにしています。

 

外ポケットは2つ。よく出し入れする小物を入れるのに。

こちらはこぼれ落ちないように、ちょっと深めに。

深めに作ると、柄も大きく入りますしね。

 

縫い方をちょっと工夫して、外袋と内袋がくっついてます。くっついていると何が良いかというと、内袋がべローンと飛び出ないんです。外袋と内袋が一体化している良さは、「裏布がずれちゃって」という苦労をした人ならわかっていただけるかも。

 

色は、いまのところ、春らしいパステルカラー2色と、いろんな服装に合わせやすい黒2種類と、和風の猫がかわいい赤1種類。

f:id:itocafe2015:20170412150116j:plain

 

お出かけお出かけ。

 

【minneで購入できます】

minne.com

minne.com

minne.com

minne.com

minne.com

 

 

春を誘うコースター

春といえばお出かけ!というくらい、お出かけのことばかり考えています。とはいえ、ピクニックなど憧れで終わっちゃってますけど。

 

そんな憧れのピクニックに持っていって、こんなので飲み物をキープできたら素敵だなぁというイメージで、コースターをつくってみました。

 

f:id:itocafe2015:20170412143604j:plain

 

春らしいパステルカラーのお花には、ナチュラルな風合いの生成りの生地がよく合います。

カラーバリエは、ピンク、ミントブルー、黄色の3色。

 

f:id:itocafe2015:20170412144018j:plain

 

黄色のお花は、菜の花をイメージしていたのですが、完全にぴったりというのはちょっとなかったので、近いイメージの元気の出るビタミンカラーのお花を。

 

f:id:itocafe2015:20170412144043j:plain

 

かわいいコースターは、食卓のワンポイントにぴったりです。

 

【minneで販売中】

minne.com

minne.com

minne.com

君の名は

すいません、流行りの言葉に乗ってみました。

 

f:id:itocafe2015:20170219224751j:image

 

庭で伸び放題になっていた木を1本、きれいに刈り込んだら、

陰になっていた部分に隠れるように、青い実を付けた茎が1本。

 

自然のものの神秘そのもののような美しい青い色。

 

この実はいったいなんの実なのでしょうか。

委託販売始めます

f:id:itocafe2015:20170218104836j:image

 

お知らせが遅くなりました。

 

今年1月から、千葉県旭市にある岡田美容室様に作品を置いていただけることとなりました。

 

minneさんに出しているものと入れ替えたり、

minneさんには出せない低価格のお試しの作品などを置いています。

 

ネット通販ではできない、「実際に手に取ってみる」ができるようになりました。

 

お近くにいらした際にはぜひお立ち寄りください。

買い物かごカバー

f:id:itocafe2015:20161211134000j:plain

母がこんなのがあるといいなぁ、というので、

買い物かごにつけるカバーをつくってみました。

 

ハンドメイドの真骨頂は、こういう、ほとんど市販されていないけれど、あると便利よねー、というものを、つくって使えることにあるのだと思います。

 

f:id:itocafe2015:20161211134142j:plain

今回つくったのは、

 マイバスケットにくっつけておいて

 会計が済んだら、さっと広げて

 パッと止めて、蓋をする

というもの。

 

マイバスケット、エコでいいのだけど、会計を済ませた後に、商品が丸見えで、しかも、うっかり買っていないものが入りこんでしまいかねない、という構造がちょっとストレスだったんです。

そこで、簡単に蓋ができないかなー?と。

 

ポイントは、簡単に扱える、ということ。

会計済ませた後に、もたもたしたくないですからねー。

さっと蓋して、パッと止められること。

使い終わった後に、きれいに畳んでしまえるのも、スマートにできること。

気軽にお洗濯するために、金具は外せること。

そんなあたりに気を配って、作ってみました。

 

f:id:itocafe2015:20161211134250j:plain

 

使ってみて、使用感は悪くないみたい。

レジの人も、最初「?」という顔をしてましたが、「あぁ!」という感じで見てくれてました。

 

試作でつくったので、止める箇所とか、試行錯誤で、「ここにも必要だよねぇ」とかで、ホック7個も使ってしまいましたが、使っている姿を見ていたら、タブを1か所増やすだけで、ホック3個減らせる(=使うときの手間も減らせる)というアイデアも浮かんだので、もし、ほかの人もご入用でしたら、そのうち、minneさんあたりで改良版を販売したいと思います。

初物柚子と裂き編みのカゴ

f:id:itocafe2015:20161210101751j:image

庭の種から育てた柚子が、はじめて実をつけました。

 

そこで、裂き編みでつくったカゴを使って、収穫しました。

 

ハンドメイドで新しい布に手をつける時に、まず、布端を切り落とします。

これは流通中に布が歪んでしまったのを直したり、生地屋さんで斜めやギザギザに切られたのを綺麗にするのに、必要な作業です。

でも、布幅いっぱいの布、もったいないです。

だから、貯めておいて、繋いで、紐状にして、かぎ針でカゴに編むのです。

 

布でできたカゴは柔らかく、果物を傷つけません。

編んでいるので、形もしっかりと保っています。

布なので、手洗いであれば、お洗濯もできます。

 

なかなか、使えるものです。

 

柚子のほうは、まだもったいなくて食べてません。

あんまりお手入れしてなかった木なので、来年はもうちょっと綺麗にしてあげましょう。